【Cova De l’ocell】世界のJSの凄さを知った日

スペイン

4/23

ゲオルギウスの日

別名Saint Jordi(サンジョルディ)の日

ドラゴン退治の伝説を持つ聖人ゲオルギウスが殉職した日であり

そしてクリス・シャルマの誕生日である

伝説が死に、伝説が生まれたこの日は街中がバラで溢れ返り、一年で一番綺麗なバルセロナを見ることができる日らしい

 

 

 

 

 

 

そんなことには有無を言わさず岩場へ行ってきた

ボルダリングワールドカップを観戦し、ネットで注文したクラッシュパッドがようやく届き、天気も久しぶりの快晴

となれば、もう行くしかない

というわけでずっと気になっていたCova de l’ocellへ

この岩場にはEl Bon Combat (9b, 5.15b)とCWTF(Catalan witness the fitness V14)が両方あり、バルセロナから1時間ほどという好立地

なんだかスコーミッシュのザ・ルームみたいな空間

今回のレンタカーはバルセロナ・サンツ駅のAlamo

サンツ駅のドラゴン(?)

直前で抑えたためにRecordでは借りれなかったが、これが功を奏す

Recordは20:00までだが、サンツ駅のレンタカーは22:00まで対応。今回の岩場なら十分この日中に返せる。

Recordなら一日料金で23€くらい。Álamoだと35€くらい

しかし夜中に高額な駐車場代を払うことを考えたらこっちの方がむしろ良い

順調に車を借りて出発。岩場には11:10頃に到着する

トポがないため、下記のサイトとYouTubeの動画から読み取れる情報を頼りに進む

La Cova de l'Ocell, Sport climbing | theCrag
The Cova de L'Ocell is a climbing area in Osona, relatively close to Barcelona and important urban centers of Vallès (and Bages). It is famous for hosting a lar...

が、ここで迷う。間違って岩の上に出てしまった。

どうにか降り口を見つけ、岩の前に到着した

基本的には下記のポイントに向けて車をギリギリまで走らせればよいが、道が瑞牆の不動沢くらい悪いので普通車だと結構怖い。たまたまだったけど、3€払って車をSUVにグレードアップしていたため運良く切り抜けられた。

41°44'45.0"N 2°11'23.3"E · Sant Martí de Centelles, 08592 バルセロナ スペイン
Sant Martí de Centelles, 08592 バルセロナ スペイン

因みに一番近いところに止めればアプローチは徒歩5分くらい。

そして次の写真の赤と緑のマークが着いた岩で左に曲がり少し進み

やや細く、低い方のトレイルを進んでいくとバカでかいハングの前に出る。

El Bon Combat 9b

ハングの下にケイブの中へ続くロープが垂れ下がっている

そこを上がると、広く絶景が見渡せる空間が

黄色い菜の花畑がとても綺麗

中も明るい

シートは残置されていた

かすかにバルセロナが見える。入り口付近ならギリギリ4Gが入る。

ぶっちゃけ今住んでる部屋より居心地いいかもしれない

そしてCWTFは内容もさることながら、この絶景を楽しみながらトライ出来るというが素晴らしい

基本的にトップアウト出来るルートの方が好きだけど、それを差し引いてもお気に入りの一本

早速新しいクラッシュパッドを敷いて最も懸念していた中間部のリーチムーヴを確認する

リーチムーヴはかなり厳しい

しかし、カチがある。誰かが使っている痕跡もある。カチ起点に色々ムーヴを試し、無事解決

問題の前半パート。クリスの初登動画では前半の7手で8B+はあるとのこと。(CWTFは初登時8C)

これがかなり厳しい。ユーチューブに上がっているムーヴをいくつか試してみたが、どれもサイズが合わなすぎて出来ない。壁の凹凸も、ギリギリ持てそうなホールドも散らばっているのでオリジナルムーヴを探る

2時間くらい下部でアレコレして、ようやく激キョンムーヴで解決。最終的に動画では一見核心に思えるランジが比較的簡単なパートという罠。やられたわ。

そして繋げトライ

ひたすら

結果、3回くらいキョンが外れて敗退

やはり足技になると厳しい。とはいえ2分割でバラせているので、期待以上の感触を得られた

7時半頃に撤収。無事怪我もなく、警察にも出くわさず帰ってこれた。バルセロナ駅にも21時に到着。ほんまにいい場所にあるな。

今のところ体感的には塩原のカタルシスの下部をワングレード難しくしたような流れ。鳳来のバリエーションと同じか、やや厳しい。ジャストV14という印象。正直ワンデイを狙ってもいたが、やはり5段を一日で登る実力は今のJun Shibanumaにはない。

そしてそんな中、Jacob Schubertはこれをフラッシュしているという事実

マジでありえん。ソコソコややこしいトゥーフックとか出てくるのに。オーストリアのJSとの間にはこんなにも差があるのか。

なんにせよハードな課題に対するモチベーションが出てきたので、次回に向けて減量を始める。手始めにビールはやめて、おつまみやオヤツは高タンパク低脂質な生ハムにするところから

が、そこからひたすらバルセロナ近辺は雨予報。。。

待ち遠しい。

参考

①ブラジルのプロクライマー「フェリペ」のEl Bon Comat 9bの完登動画がこちら。本人を知っているのもあって、最後岩の上に立ち上がる瞬間はウルっときた。ワールドカップに出るためにソーダを沢山売ったとか、ブラジル感強めなエピソードがあって刺激的。

Climbing One Of The Most Challenging Routes In Europe: El Bon Combat

 

②Catalan Witness the Fitnessの初登動画

Catalán Witness the fitness 8c

③オンラインで購入したクラッシュパッド「サーキット BlackDiamond」

標準的なサイズなのに送料込みで130€。16000~17000円くらい。

ここまで価格を落とせるとは。

気づけばシューズとマットの値段が逆転しとる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました