電流

Fish and Birdへ

ようやくOne bouldering Premium Cardの威力を発揮することが出来た

前日登りこんだにも関わらず、この日は初心者のカップルにボルダリングを教えるという、精神的にも肉体的にも苦しいトレーニングを課せられたが、ジム代がタダという1点が俺を暗黒面から救ってくれた

ちょいちょい登り方を指導しつつ、自分もしっかりトレーニング

ハードな課題はやめて、初段サーキットをすることにした

しかし、後半はすべてのホールドが乾燥した季節のドアノブに見えるくらい、何かに触れることを手のひらが拒絶していた

痛い、痛すぎる

どうにか初段を5本登って終了

そして片手懸垂ももう一度鍛え直すことにした

右手はスタティックで4回出来たので、ボチボチよくなってる

しかし、左肩である

8〜9割治ったかと思っていたが、片手懸垂だけは別ものだった

力を込めた瞬間に、左肩に電流が走った

離脱可能であったが、そもそも流れたのが瞬間的なものなので参考にはならないだろう

「電流」長龍登攀記録

有無を言わさず左手を離してしまったので、一般的な静電気と比較しても強い電流だったと思う

電圧でいえば10,000V、電流でも数ミリAは流れていたのではないだろうか

静電気

左肩の完治が遠い。。

帰りはすしざんまいで、想定の倍近いお金を使って終了

美味しかった!

image
image

コメント

  1. アバター より:

    リンクのおかげで訪問者数が5倍(当社比)になりました笑

  2. アバター J より:

    こちらこそ電流を推測するのに参考になったわ!
    コンペお疲れ!俺もしょっちゅうホールド見落とすよ

タイトルとURLをコピーしました