今夜は眠らせない

部屋で2人きりになったのは学生の時以来だ。何だか緊張する。卒業してからもう6年がたつ。社会人になってからも色んな経験をした。怖い思いだって何度もした。ちょっとやそっとのことでは動じない大人になったつもりだった。だけどやっぱり、この空気は苦手なままだ。

向こうもこっちを意識しているのが分かる。けれど中々距離は縮まらない。向こうから歩み寄ってくれることはない。分かってる。自分から行かなくちゃダメなことくらい。頭では分かっていても躊躇してしまう。

同じ空間にいるというだけでパニックになっているのに、もし触れてしまったらなんて考えると気が狂いそうだった。

この部屋で初めて目を合わせたときから、もうすぐ2時間が経とうとしている。いつまでもこのままではいられない。俺だって男だ。このまま何もせず朝を迎えるなんてしたくはない。少し大きめに息を吸い込んで、覚悟を決める。

意を決して、力強くテレビ台を引き寄せた。溜まった埃の中にその姿はない。消えた?一体どこに。途端に背後が気になりだした。天井、クローゼット、カーテンの裏、全てが疑わしく思えてくる。緊張が恐怖に変わる。眠れない夜が始まった。

#深夜にGが現れた

#しかも殺り損ねた

コメント

タイトルとURLをコピーしました